南仏リビエラ ヨットセイリング・クルーズ(1週間)

(航行日誌 Dufour525地中海ヨットセイリング・クルーズをお読みください。)
出発地は南仏 プロバンスのベニスと呼ばれるサントロペ湾 ポール・グリモー港
船はDufour 社のメガヨットDUFOUR 525 Grand Large FEEL:この大きさのヨットとしては最高級の居住性・安全性・操船性能および船内設備の豪華さを誇るヨットです。

Dufour 525 Grand Large Dufour 525GL船内見取り図

4キャビン(2人用)はそれぞれシャワー・電動トイレ・洗面台付き+スキッパー用キャビン
ラウンジはエアコン付き、食器洗浄機、電子レンジのほか調理器具・食器完備 サンデッキ プラットフォームからは容易に水泳が楽しめます。
船外機付きテンダー フィン・シュノーケルセット 釣具他、真水生成機も備えており、長期の航海及び航海中の停錨にも対応できます。

地中海の島々カランクポルクロル島ポール・グリモー案内図サントロペのシンボル昇天聖母教会

料金: 1組2名 52万円(2組4名参加時)

料金に含まれるもの:安全装備と船のレンタル料、調理器具及び食器類、ベッド用品 タオルセット、リネンセット、ガスボンベ代、スキッパー料金

料金に含まれないもの:水やガスの補給料金、寄港地の使用料、燃料費、船返却時の清掃費、交通費、スキッパーの食費

催行期間: 2018年5月上旬~6 月下旬

クルーズ計画案

ポール・グリモー⇒サントロペ⇒イエール⇒ポルクロ島⇒ポルクロール島⇒カシス⇒カランク⇒サントロペ⇒ポール・グリモー(全航程220Km)
1日目 集合:ニース国際空港
    ポール・グリモー(103Km)まで運転手付きワゴン車で移動
    荷物搬入 食料品買い出し
    Dufour 525GL乗船 出港 サントロペへ 観光・碇泊
    サントロペ沖にてワイルドモアリング
2日目 サントロペ 出帆
    イエールへ 50Km(5時間) 
    イエール(サン・ピエール港) 到着 イエール観光
3日目 イエールからポルクロ島(クロウ港) に移動(1時間)
    島内観光・散策・シュノーケリング・碇泊
4日目 ポルクロ島から ポルクロール島に移動(1時間)
    島内観光・散策
    ノートルダムビーチ沖にてワイルドモアリング
5日目 ポルクロル島 出帆   カシスへ 40Km (4時間)
    カシス到着 町内観光 
    カランクへ移動・碇泊
6日目 カランク出帆 途中でワイルドモアリング
7日目 出帆 サントロペへ
    町のレストランでFarewell Dinner・碇泊
8日目 サントロペ出帆 ポール・グリモー へ
    9:00 下船
    ニース国際空港まで運転手付きレンタルワゴン車で移動
    空港にて解散                   

イエール:南仏リビエラ海岸にあるヨーロッパ屈指のリゾート地。コートダジュール(紺碧海岸)なる呼称の発祥地。中世の町並み、フラミンゴの集まる塩田湿地帯など見所が多い。沖合い十数キロのポロクロール島はヨーロッパ随一の美しさを誇る、白砂と透明度の高いエメラルドグリーンのノートルダムビーチを有しシュノーケリングやダイビングのスポットとなっている。
カシスのカランク:プロバンス地方、マルセイユの西20Kmにある小漁村カシス。20Kmに及ぶ海岸線の崖下に狭い入り江が続いている。これは第三紀につくられた古い河口が、氷河期に氷河によって刻まれ、谷が深くなり、やがて海水が入り込んだもので、カランクと呼ばれている。エメラルドグリーンの海中37mには旧石器時代人が居住した洞窟があり、紀元前2~3万年ごろの壁画や彫刻で覆われている。最高のシュノーケリング、ダイビングスポットであるが特に夏は海からしかアクセスできない。
トップへ

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK