賃貸条件

適正能力

船のキャプテンは成人で、貸し出されたものすべての責任者です。ボートクルーズの免許を交付されたキャプテンは、あらゆる状況下において乗員に航行上の指示を出します。キャプテンは、船に適用される保険ではカバーされない事項について了承しています。当社は責任を拒否するお客様に対して、ボートの貸し出しを拒否する場合もございます。この場合は、お支払いいただいた料金を返金いたしますが、違約金は支払いません。

登録/ 予約 / 支払い

クルーズの予約はサインのある申込用紙(予約申込みフォームで代用)と、規定料金が振り込まれたことを当社が確認した時点で確定します。料金の全額は出発50日前までに支払っていただきます。送金については送金手数料はお客様側の負担となります。

デポジット(保証金)

出発前にベースにて660€~1,200€(保険免責額)のデポジットを現金、小切手、ユーロチェック、クレジットカード、または銀行カード(出発ベースによります)で支払ってください。貸し出された船と備品が問題なく時間通りに定められたベースに返還された場合には全額返金されます。このデポジットは事故の際の保険の免責をカバーするものですが、また設備・備品の損傷や航行中の不適切な管理に起因する支払いにも充てられます。

旅行のキャンセル

―お客様側からのキャンセル
キャンセルの場合は速やかに書面にて当社に通知してください。
お支払いいただく金額は下記の通りとなります。:
出発8週間以前 : 書類作成代金として24,000円+手数料
出発前5~8週間 : 船舶賃貸料の50%+手数料
出発前5週間以内 : 船舶賃貸料の100%+手数料
―当社側のキャンセル
想定外のやむをえない事態により当社が予約の船を貸し出せない場合、当社はできる限りの誠意を持って、ご予約の船と同等以上のサイズと乗り心地のよい船をご用意いたします。それが不可能な場合は、直ちに日割り計算にて料金の返金をいたしますが、違約金の支払いはいたしません。

船団クルーズおよび長期クルーズに係る特別条件

3隻以上の船団クルーズおよび4週間以上の長期クルーズについては共に確定予約とされ取り消し(キャンセル)はできません。(キャンセルが何時であっても全額徴収されます。)

予約内容の変更

出発8週間以前で、ボートの賃貸者が同一で、かつ賃貸者が認めた場合にはより安いボートへの変更も含め変更は可能ですが、変更手数料16,000円が必要となります。
前記以外の変更はいずれも旅行のキャンセルとなり時期に準じたキャンセル料等が発生します。

クルーズプラス保険

船舶賃貸(レンタル)料には、船及び他の船舶の損害に対する支払いをカバーする船舶保険料が含まれていますが私物及び個人の民事責任はカバーされません。自転車も保険の対象外です。紛失、盗難の場合はお客様に請求書が送られます。
けれども、お客様が任意保険、クルーズプラス保険に追加加入すれば、クルーズの中断、怪我、スクリュー損傷、サイクリング中の事故をカバーし、デポジットの返金が保障されます。(詳しくはこちら

事故

事故の際は直ちに当社に電話して指示を仰いでください。急いでご自分の判断で行動しないでください。事故の加害者或いは被害者となった場合、お客様はクルーズ中であるからとしていかなる賠償金も請求することはできません。

乗船

船の引渡しはレンタル料金の支払い、デポジット(船舶保証金およびクリーニング保証金)の支払い、船の備品チェックなどの手続きが完了後となります。
船舶は良い状態で正しく作動すること、清掃がなされていることを確認した後に引き渡します。
貸借契約書に記載された船舶と異なる場合、船の装備の動作に問題がある場合、または船が十分な清掃がなされず清潔な状態に保たれていないと認められる場合は、お客様は其の船のレンタルを拒否することができます。
ストライキ、増水、その他の理由により契約書に記載のベースから乗船できない場合はベースを変更する場合がございます。

下船

船は必ず契約書に定められた場所と日時に返還してください。ただしお客様の責任外となる予見できない理由による変更はこの限りではありません。船は出発時に行ったチェックリストに従って、貸し出し時と同じ状態で返却してください。返却時間の遅れ、あるいはクルーズ途中での船の放棄の場合は、当社はお客様に必要経費を請求いたします。

ボートの使用について

ボートは当局ならびに船会社の定めた運河および海上航行の規則にしたがって航行しなければなりません。日没後の航行、曳航、船舶の又貸しや貸し出しは禁止されています。船長は乗船時に名簿に記載されていない者を乗船させてはなりません。船の操船は必要な講習を受け、carte de plaisance(船会社発行の仮許可証)を所有する人が行います。本証ではライン川、ローヌ川、セーヌ川、ロワール川などの大型船が航行する河川には入ることはできません。これらの河川に入ることは厳重に禁止されています。この禁止事項を破ると、料金返還をすることなく、即座に下船していただきます。その上、船舶送還の経費を請求されることになります。
操船教習が終了し、船を引き渡す際、貸主は借主に操船のための資料、暫定許可証、次の事項を含むログブックを提供する。:
管理事項;賃貸使用証明書のコピー、検査証、保険証のコピー 
一般事項;安全のしおり‐水路・岸辺の保護方法‐安全設備・備品の記入された船体見取図‐航行時の禁止・制限事項‐予定航路の詳細地図
借主は賃貸契約書を常に所持し官憲の要望があればいつでも提示する。
貸主は船を航行規則に完全に適合する状態で貸し出し、船のあらゆる設備・備品について必要十分な情報を与えなけらばならない。借主が船を引き受けることは、全資料が揃い、動作が完璧で、清掃も十分されていると借主が認めたことを意味し、情報が十分でないとか船の機能に関し十分教わっていないとか今後いかなる苦情も認められなくなる。

航路の航行不能

増水、低水位、航行制限区間(洪水、渇水による)、航路の損傷、その他の理由による航行の不能または航行を制限される箇所のある場合、当社は其の制約の度合いに応じて、クルーズルートおよび/または出発日時を変更することができます。またこれらの理由によりクルーズが不可能となった場合、当社は、可能であれば、支払って頂いた金額よりランクが上の旅行をアレンジいたします。クルーズ中に制約が生じ、48時間以上にわたって停船を余儀なくされた場合も同様の処置がとられます。

故障

貸し出し料金には故障の際の修理者の駆けつけ料金が含まれています。あらゆる状況に対処いたします。

借り手に責任のない故障

操船者に責任がない故障によって24時間以上停船を余儀なくされた場合は、当社はお客様に運行できなかった時間分の料金を時間割で返金いたします。停船時間はお客様が当社に故障を通報した時点からカウントします。お客様は必要かつ緊急措置以外はご自分では何もしないでください。

借り手責任の故障

故障がお客様の責任と正式に認められた場合、旅行中断に対するいかなる損害賠償も請求できません。当社は預かっていたデポジットから修理相当額を受け取ります。

船の備品 / 私物

お客様は船の備品の紛失・破損・盗難または損傷を当社に報告し、その返済をしてください。当社はお客様の私物に関してはいかなる理由による紛失・損傷にも責任を負いません。

自転車

自転車は借主に貸し出され、彼の責任下に置かれます。盗難の場合、最寄りの警察に届け盗難証明書の原本を貸主に提出しなければなりません。借主またはその許可の下、自転車を使用していた人物がこの事件・損害に対する唯一の責任者となります。

ペット

ペットの同乗も歓迎いたします。けれども船の備品(シーツ類や食器など)をペットに使用しないようにし、日常使用するペット用品は乗船の際にお客様がご用意ください。

片道クルーズ: ベースから他のベースまで

当社では片道クルーズも提供しておりますが、船の配置状況に鑑みて実施が難しいこともございます。したがって当社においては片道クルーズを希望されるお客様に対しましては追加費用を請求させていただいております。また片道クルーズの進行方向については変更する場合があります。出発48時間前にベースにコンタクトしてコンファームしてください。

行程

あらかじめ書面にて定められている場合を除いて、出発と帰還の日時と場所はコンファームにより確定します。けれども、当社は船の手配の関係上必要と認められる場合は同じ地域での乗船および下船の場所の変更・および往復クルーズを片道に、片道を往復にと変更する場合がございますが、その際、追加の費用は発生いたしません。

クルーズの中途放棄

船を途中放棄した場合、水路の閉鎖の場合を除いて、当社はお客様にベースまでの船の運搬費用と航行にかかる燃料費および清掃費として、80,000円+1日あたり60,800円を請求いたします。

船の仕様

船の図面は仕様に合致していますが、地域により微細な相違がございます。

係争と適用になる法律

当契約はフランスの法律に基づきます。当契約が想定する有効性、解釈、実行、解約それらの結果等に関する係争は所轄裁判所に付託します。       
                                  以上
ページトップへ