アフタークルーズ III

5.Antibes (アンティーブ)

アンティーブ

地中海に面するお洒落なリゾート地アンティーブはギリシャ時代の町アンティ・ポリスが発祥です。ローマ時代の城塞の一部グリマルディ(Grimaldi)城が現在ピカソ美術館となっています。第二次世界大戦直後ここに滞在したピカソはパリ解放そして大戦終了の喜びもあったのでしょう『生きる喜び』(La joie de vivre)なる作品を残しています。

   la joie de vivre 生きる喜び

1966年世界で初めてピカソ美術館と称したこの城塞は前面に紺碧の地中海が広がり、南仏の陽光の下ピカソの制作意欲を掻き立てたようです。彼はこの所謂コートダジュールが気に入り近くの町々に居を移しながら多くの作品を制作しました。その一つが陶芸で有名な隣町のヴァロリスです。7年もの間この町に住み作陶に打ち込み、膨大な数の作品を制作し衰退し始めていた町を復活させました。まさに『生きる喜び』だったのではないでしょうか。70代になったピカソは『生きる喜び』のためにも平和の尊さを感じていたのでしょうこの町の修道院の礼拝堂(現在の国立ピカソ美術館)に『戦争と平和』なる大作を残しました。
アンティーブ・ピカソ美術館 窓から見える地中海には幾つものヨットが碇泊しています 降り注ぐ陽光の下、テラスに佇むリシエのブロンズ像 生れ出た故郷を見つめるミロの"海からの女神" 戦争と平和

メモランダム:マントンのコクトー美術館も波打ち際にありますが広さ、テラスからの見晴らしの良さの点からも軍配はこちら。ここにアトリエを提供された時のピカソの喜びが推察できます。ただでも『生きる喜び』を描きたくなると思います。晴れた6月の午後訪れてみてはどうでしょう。

Biot

6.Biot (ビオット)
ニースとカンヌに挟まれ、少し山側に入った高台にある鷲の巣村がビオットです。現在ではガラス工芸の村として知られています。この村にはフランスに3館しかない画家の名を冠した国立美術館の1つである国立フェルナン・レジェ美術館があります。彼の死後弟子でもあった夫人が彼の作品を世に知らしめるため創設し、後に国に寄贈したのがこの美術館です。中庭側壁面に展示された、もとはドイツ・ハノーバーの競技場のために彼がデザインした巨大なモザイク画が圧倒的な迫力で来館者を迎えてくれます。第一次大戦に従軍し大砲などの兵器の機械美に魅せられ、第二次大戦中過ごしたアメリカでは都市建築に美を見出し画法としては、立体キュービズム(cubisme )からパイプのチュービズム(tubisme)に移行したりと変化していきます。来館者は夫人が意図した通り、絵画、版画、モザイク、ステンドグラス、陶器、オブジェと多才な彼の作品を時代順につぶさに鑑賞できます。色鮮やかな大きなオブジェがいくつも置かれている中庭のオープンカフェでは南仏の明るい日差しのもと作品を眺めながら軽い食事もできます。
もとはドイツの競技場に予定していたもの 駐車場側にも大きなモザイク画が ①〝7月14日”1914年 ②〝アダムとイブ”1934年 ③〝4人の自転車乗り”1948年 ④〝建てる人”1950年 陶板1 陶板2 ステンドグラス ビオットの町にはガラス工芸の店が軒を並べています

メモランダム:最近フランスでは作品の撮影が許される美術館が多くあります。このレジェ美術館も許されています。比較的観覧者の少ない中で写真撮影をしながらゆっくり十分鑑賞できました。特に知らなかったこともあり絵画以外のモザイクと陶板画(?)の美しさに驚き感動しました。ただ中庭のオープンカフェでの昼食に時間を取り過ぎ鑑賞しきれず4年後に再訪しました。